農業土木

0

    おはようございます。鹿児島で農業している薩摩の薫農園の鹿児島黒にんにくブログです。とっても体にいいにんにくを通信販売やマルシェ、店頭販売にて皆様にお届けしています。

     

     

    今日は農業ブログです。

     

    にんにく工場前の畑を整地しました。

    ▲晴天の農業日和り

     

    色々な耕運機を使って農業ダイエット!

    ▲この耕運機は、小型で小回りがきいてスピードが速く女性や年配者にオススメ!

     

     

    ▲重いけど、馬力があってしっかり耕やす事が出来ます。

     

    半日かけて整えました。

    ▲9月には、にんにくを植える予定です!

    その前に、畑遊ばせてるのはもったいないので、かぼちゃか、すいかか、ゴーヤか何かしら植えようと思います。

     

    谷山の畑は、ズッキーニが数本採れました。

    ▲ズッキーニ

    ▲今年初物

    ▲オリーブオイルで軽く炒めて、ポン酢で味付けしました。

    ▲ズッキーニとにんにくのトウ炒め。
    今年も沢山収穫出来ます様に、自然の恵みに感謝の気持ちを持って頂きました。

     

     

    それから、先日麦踏みした麦が麦穂になっていました!

    ▲麦

    麦ふみとは、成長中の麦を上から踏みつける事で

    茎が折れ曲がったり、傷がついたりして、水分を吸い上げる力が弱まり、麦の内部の水分量が少なくなるため、寒さや乾燥に強くなります。         そして、根の成長や増加を促進します。また、霜柱が土を持ち上げて、根を傷めることを防ぐ効果があり、あえて成長中の麦を踏みつける事でしっかり土に根を張らせ、まっすぐ伸びる丈夫な麦に育てることが出来る昔ながらの農作法です。

    今回は、麦の収穫が目的ではなく、ワラの代わりに麦を植えてそれを使用して他の農産物の資材として使います。

    麦について色々調べたら面白い記事を見つけました!

     

    稲穂は頭を垂れるけど、麦穂は天を向く。    「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」という故事成語はよく知られていて意味は人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞う。

     

    立派な人ほど相手を敬うことができ、謙虚なのだよと教えてくれています!

     

    松下幸之助もこれを信条としたという話は有名です。

    一方の麦穂はどうなのかといえば、
    同じ穀物なのにこれといった故事も名言もなく、強くなる為に踏みつけられ強くなり、刈り入れどきまで、真っ直ぐ天を向いて成長します。

    決して、人を見下しているわけでもなく、その時の最後まで、天を目指してブレる事なく真っ直ぐに力の限り生きている麦は、尊敬出来る農産物です!!

    ▲尊敬の麦

     

    ダイエットも出来て道徳や哲学も教えてくれる農業は、素晴らしい!!

     

    麦や稲穂を見習って今日も1日頑張りましょう!

     

     

     #にんにく #鹿児島 #黒にんにく #野菜ソムリエ #農業女子 #Garlic  #blackgarlic #kagoshima #japan   #banyacauda  #recipe #免疫力アップ #抗酸化作用 #疲労回復 #健康ライフ #麦穂 #稲穂

     

    美味しい黒にんにくの通販はこちら!美味しい黒にんにくの通販はこちら!

    コメント
    コメントする








       

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    薫のイチオシ商品

    最新の記事

    カテゴリー

    月別記事一覧

    プロフィール